コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://elvaan.cocolog-nifty.com/falangies/

1行紹介

ミスラ神を信仰する女神官

自己紹介文

ミスラ神を信仰する女神官(カーヒーナ)。22歳。ミスラ神殿がアルスラーン生誕時にその名で寄進されたものであることから、神殿よりアルスラーンを守護するべく派遣された。弓の扱いに優れ、精霊(ジン)の声を聞き、水晶の横笛を奏でることで彼らを使役することもできる。黒絹の髪・緑玉の瞳・白珠の肌・糸杉の身体を持つ、「自他共に認める」絶世の美女。ギーヴやクバード、ラジェンドラらから言い寄られるが本人はあっさりと拒絶している。相当な酒豪であり、ギーヴやラジェンドラが束になっても敵わなかった。
大戦後はフゼスターン地方の神殿に戻るが、改めてアルスラーンに呼び出されて巡検使と宮廷顧問官(ブラフマン)に任じられる。25歳。その美しさと強さは変わらないが、男性との噂は全く無く、ギーヴやクバードに思いを寄せられている件については「どっちが先にふられるか」というのが周囲の評である。湖上祭でかつての恋人の弟と再会することとなる。オクサス地方の変事にアルフリードと共に調査に向かい、蛇王復活の兆候を目の当たりにする。


興味のあること

ミスラ神、精霊(ジン)、弓、水晶の横笛、酒